【企業サイト向け】SEO施策一覧!超重要Top5&全25選のSEOチェックリスト

SEOチェックリスト

経営者やサイト運営者にとって多いSEOの悩み、

SEO初心者

SEOって何が正しいのかよく分からない!

カトさん

ネットにはSEO情報が多いですよね!でも実は間違った情報も多いのです!

SEOにはさまざまな施策があり、ネットに情報が溢れています。

この記事ではSEOに必要な施策を一覧で紹介し、それぞれの目的や方法をSEOのプロが詳しく解説します。

この記事で得られるメリット
  • WordPress のSEOのやり方が分かる
  • 自分でSEOができるようになる
  • あなたのサイトの検索順位がUPする
対象とする読者
  • WordPressやSEOにあまり詳しくない方
  • WordPressは分かるけどSEOに詳しくない方
  • WordPressを使おうと考えている方
記載情報の責任者
カトさん@SEOのプロ
カトさん

カトさん@PV1億のSEOプロ

  • SEO専門家歴15年
  • 法人サイトSEO 200件以上
  • 個人サイトSEO 50件以上
  • 月間1億PVサイトSEO9年担当
  • SEOブログで月収400万円

某渋谷サイバー系SEO会社でSEOコンサル→某外資グローバル企業でSEOマネージャー→独立、現在はSEOコンサルと実店舗ビジネスで事業展開中

目次

SEO施策一覧

SEOを一通り網羅すると、かなりの長文になります。まずは全体を一覧で把握ください。全てが対策出来ない場合、超重要の項目を優先的に進めてください。

サイト構築順 SEO施策一覧

分類施策一覧
設計1. ジャンル選定
2. サイトコンセプト等の決定 超重要
3. 最適なドメインを取得
サーバー4. 速いサーバーを選択 超重要
5. サーバーの高速化設定
6. HTTPS化・SSL証明書の導入 重要
7. HTTPSリダイレクトの設定
8. www有り無し・.html有り無しの設定
モバイル対応9. モバイルファースト施策
10. レスポンシブデザインの採用
ページ速度11. キャッシュ設定
12. ページ速度の改善
画像関連13. 画像ファイルサイズの縮小・ファイル形式の変更(WebPなど)
14. 画像のalt属性の設定・キャプションの設定
15. 画像の非同期読み込みや遅延読み込みの設定
コンテンツSEO16. キーワード選定 超重要
17. タイトル・メタディスクリプション・見出し
18. UI・UX
19. E-E-A-T対応 超重要
内部リンク20. パンくずリスト・目次・ページネーション
21. 内部リンク構築
Google関連22. Googleサーチコンソール登録
23. sitemap.xml、rssフィードの登録
24. 構造化データ・リッチリザルト対応
外部リンク25. 被リンク施策 超重要
サイト構築順 SEO施策一覧

ジャンル選定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★☆★★☆☆☆★★★★☆

SEO対策を始める前に、まずは自分のサイトがどんなジャンルに属するかを決める必要があります。ジャンル選定は、SEO対策の土台となる作業で、サイトの目的やターゲットを明確にする必要があります。

ジャンル選定の3つのポイント

ジャンル選定をする際には、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 勝てるジャンル
  • 強みを活かせるジャンル
  • 競合が少ないジャンル

サイトコンセプト等の決定

超重要

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★☆☆☆☆★★★★★

サイトの設計は、今後のSEOに大きな影響を与える非常に重要な工程です。

ここで決定すべき内容は以下の4つです。

サイトコンセプト

サイトが目指す核となるアイディアやテーマ。訪問者に何を提供するのか、どのような価値を持つのかを明確に伝える基本的な考え方です。

サイト名

サイトの識別名。訪問者がサイトを思い出す際のキーワードや、検索エンジンでの検索時に使用される名前です。

ターゲットユーザー

サイトの主要な訪問者層。コンテンツやサービスが特に響く、または必要とされる特定のユーザーグループを指します。

ターゲットキーワード

SEO施策の中心となるキーワード。サイトが検索エンジンで上位表示されるために最も重要とされる単語やフレーズです。

最適なドメインを取得

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

ドメインとは、Webサイトの住所のようなもので、サイトの内容や特徴を表します。

ドメインは、前半の文字列と後半のトップレベルドメイン(TLD)に分かれています。例えば、「wordpress-seo.net」の場合、「wordpress-seo」が文字列で、「.net」がTLDです。

ドメイン名は、サイト名と同じか似たものにすると覚えやすくなります。また、キーワードが含まれているとSEO効果も期待できます。

速いサーバーを選択

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★☆☆☆☆★★★★☆

サイトの表示速度は、ユーザーの満足度やSEOに大きく影響します。表示速度を向上させるためには、サーバーの選択が重要です。

サーバーとは、インターネット上にサイトのデータを保存しておく場所のことです。

サーバーは色々な会社が提供しており、レンタルサーバーと呼ばれます。

サーバーの高速化設定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

サーバーの高速化設定とは、サーバー側で行うことで、サイトの読み込み速度や応答速度を向上させるための設定です。

サーバーの高速化設定を行うことで、サイトのパフォーマンスやユーザビリティを改善することができます。

また、検索エンジンはサイトの速度を評価する要素の一つとしていますので、SEO対策にも効果的です。

サーバーの高速化設定

  • サーバーキャッシュを有効にする
  • ブラウザキャッシュを有効にする
  • mod_pagespeedを有効にする
  • PHPのバージョンを最新にする

HTTPS化・SSL証明書の導入

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★☆★★★☆☆★★★★☆

HTTPS化・SSL証明書の導入とは、ワードプレスのサイトとブラウザとの間の通信を暗号化し、安全に保護するための設定です。

HTTPS化・SSL証明書の導入を行うことで、サイトの信頼性やユーザビリティを高めることができます。

また、検索エンジンはHTTPS化されたサイトを優遇する傾向にありますので、SEO対策にも効果的です。

HTTPSリダイレクトの設定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

HTTPSリダイレクトの設定とは、サイトのURLをHTTPからHTTPSに自動的に変更するための設定です。

HTTPSリダイレクトの設定を行うことで、サイトの安全性や一貫性を保つことができます。

また、検索エンジンはHTTPSにリダイレクトされるサイトを優遇する傾向にありますので、SEO対策にも効果的です。

リダイレクト設定の種類

  • .htaccessファイルでHTTPSリダイレクトを設定する
  • プラグインでHTTPSリダイレクトを設定する

www有り無し・.html有り無しの設定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★☆☆☆★★☆☆☆★★★★☆

www有り無し・.html有り無しの設定とは、サイトのURLに「www」や「.html」を付けるかどうかを統一するための設定です。

www有りと無しでは、検索エンジンは別のページとしてみなします。

別のページなのに同じ内容があると検索エンジンは、重複コンテンツと判断する可能性があるので、SEOに必須の設定なのです。

モバイルファースト施策

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★☆★★☆☆☆★★★★☆

モバイルファースト施策とは、モバイル端末での利用者のニーズや体験を優先してサイトを設計することです。

モバイルファースト施策を行うことで、サイトのユーザビリティやアクセシビリティを向上させることができます。

また、検索エンジンはモバイル端末での表示を基準にサイトの評価を行う傾向にありますので、SEO対策にも効果的です。

レスポンシブデザインの採用

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆

レスポンシブデザインとは、サイトのデザインやレイアウトを、利用する端末の画面サイズや解像度に合わせて自動的に調整することです。

レスポンシブデザインを採用することで、PCやスマートフォンやタブレットなど、様々な端末で同じサイトを快適に閲覧できるようになります。

キャッシュ設定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★☆☆☆☆★★★★☆

キャッシュ設定とは、サイトのファイルやデータを一時的に保存しておくことで、再度アクセスしたときに素早く表示できるようにする設定です。

キャッシュ設定を行うことで、サイトのパフォーマンスやユーザビリティを向上させることができます。

また、検索エンジンはサイトの速度を評価する要素の一つとしていますので、SEO対策にも効果的です。

ページ速度の改善

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★☆☆☆☆★★★★☆

ページ速度とは、Webページが表示されるまでにかかる時間のことです。

ページ速度を改善することで、サイトの使いやすさや売り上げに良い影響があります。

また、検索エンジンはページ速度を評価する要素の一つとしていますので、SEO対策にも効果的です。

ページ速度を改善する方法は、以下の手順で行えます。

ページ速度の改善ポイント

  • ページに必要なファイルを小さくする
  • ファイルの読み込み順序やタイミングを制御する
  • ページ速度の改善に役立つプラグイン

画像ファイルサイズの縮小・ファイル形式の変更(WebPなど)

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★☆★★☆☆☆★★★★☆

画像ファイルサイズの縮小・ファイル形式の変更とは、Webページに表示する画像のデータ量を減らし、読み込み速度を向上させることです。

画像ファイルサイズの縮小・ファイル形式の変更を行うことで、サイトのパフォーマンスやユーザビリティを高めることができます。

また、検索エンジンは画像のデータ量や品質を評価する要素の一つとしていますので、SEO対策にも効果的です。画像ファイルサイズの縮小・ファイル形式の変更には以下のような方法があります。

画像関連の施策

  • 画像ファイルサイズの縮小
  • 画像ファイル形式の変更
  • 画像関連のプラグインの導入

画像のalt属性・キャプションの設定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

画像のalt属性・キャプションの設定とは

画像のalt属性とは、画像が表示されない場合や、視覚障害者が利用する音声読み上げソフトなどで、画像の内容を代替するテキスト情報です。

キャプションとは、画像の下に表示される説明文です。これらは、ユーザーにとって有益な情報を提供するだけでなく、検索エンジンにも画像の意味を伝えることでSEO効果が期待できます。

画像の非同期読み込みや遅延読み込みの設定

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆

画像の非同期読み込みや遅延読み込みとは

画像の非同期読み込みや遅延読み込みとは、Webページの表示速度を高めるために、画面に表示される必要がある画像だけを読み込む仕組みです。

これにより、ユーザーの体験を向上させるとともに、SEO対策にも効果的です。

キーワード選定 超重要

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★★☆☆☆★★★★★

キーワード選定の目的と重要性

キーワード選定の目的は、自分のWebサイトに来てほしいターゲットユーザーがどのような言葉で検索しているかを把握し、そのニーズに応えるコンテンツを作成することです。

キーワード選定が正しく行われれば、検索エンジンからの集客やコンバージョン率の向上が期待できます。

逆に、キーワード選定が不適切だと、検索されないか、検索されても離脱される可能性が高くなります。

タイトル・メタディスクリプション・見出し

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★★★☆☆★★★★☆

タイトル・メタディスクリプション・見出しとは、Webページの内容を検索エンジンやユーザーに伝えるための重要な要素です。それぞれの役割は以下の通りです。

タイトル

タイトルは、検索結果の中でも一番目立つ位置に表示されるタイトルです。ユーザーが検索結果からクリックするかどうかに影響する重要な要素です。SEO用のタイトルには、以下のポイントに注意して作成しましょう。

  • サイト名とキーワードを含める
  • サイト名は後ろにつける
  • サイト名とキーワードはパイプ(|)で区切る
  • 32文字以内に収める

たとえば、「ワードプレスSEO設定を完全網羅!WORDPRESSのSEOの全て」というコンセプトのサイトなら、以下のようなSEO用のタイトルが考えられます。

ワードプレスSEO設定完全ガイド | WORDPRESS SEO

Metaディスクリプション

ディスクリプションは、検索結果画面のタイトル下に表示される説明文です。ユーザーが検索結果からクリックするかどうか(CTR)に影響する重要な要素です。ただしGoogleのランキング決定には直接影響ありません。

SEO用の説明文には、以下のポイントに注意して作成しましょう。

  • Webページの内容を簡潔に説明する
  • 文字数はPC表示では全角120文字以内に収める
  • スマホ表示では全角50文字以内に収める
  • 力を入れたいキーワードをバランスよく取り入れる
  • 誰に向けた記事なのかを明確にする
  • 競合との差別化を意識する。

たとえば、Affingerで作った「ワードプレスSEO設定を完全網羅!WORDPRESSのSEOの全て」というコンセプトのサイトなら、以下のようなSEO用の説明文が考えられます。

ワードプレスでSEO設定をするならこのサイト!Affingerを使って、WORDPRESSのSEOの全てを解説します。初心者でもわかりやすいSEO対策の方法を紹介します。

見出し

Webページの内容を構造化するために使用するタグで、h1からh6までのレベルがあります。

これらの要素は、SEOにおいて直接的な効果はないとされていますが、間接的に検索順位やクリック率に影響する可能性があります。また、ユーザーにとっても読みやすく魅力的なWebページを作るために必要です。

メタキーワード

ちなみにメタキーワードというタグも存在し、正しいHTMLの構造としては必須のタグですが、過去にSEOで乱用された経緯があるためGoogleは現在、メタキーワードを検索ランキングの判定には一切使っていません。

UI・UX

SEO影響度導入し易さ優先度
★★☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

SEOとUI・UXの関係とは

UI・UXとは、ユーザーがWebサイトやアプリなどを使って感じる体験や感情を指します。SEOとUI・UXは、Webサイトの成功に欠かせない要素です。

SEOとUI・UXは、別々のもののように見えますが、実は密接に関係しています。なぜなら、検索エンジンはユーザーの満足度を重視しており、ユーザーが求める情報や体験を提供できるWebサイトを評価しているからです。

そのため、SEO対策を行う際には、UI・UXの改善も同時に行う必要があります。

E-E-A-T対応 超重要

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★☆☆☆☆★★★★★

E-E-A-T対応とは

E-E-A-T対応とは、Googleが検索品質評価ガイドラインで示したWebサイトやWebページの品質を評価する基準に沿って、コンテンツやデザインを改善することです。

E-E-A-Tは、Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとったもので、これらの要素が高いWebサイトは、検索エンジンの結果ページで上位に表示される可能性が高くなります。

パンくずリスト・目次・ページネーション

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

パンくずリスト・目次・ページネーションとは、Webサイトのナビゲーションやコンテンツの構造化に役立つUIの要素です。これらの要素は、ユーザーがサイト内で迷わないようにするだけでなく、SEOにも効果的です。

パンくずリスト

パンくずリストとは、Webサイトのページ階層をリスト化して表示したもので、ユーザーがサイト内のどこにいるかを示す。例えば、ホーム > メニュー > ハンバーガーというように表示される。パンくずリストには、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザビリティを向上させる:ユーザーが現在地や目的地を把握しやすくなり、サイト内で迷わないようになります。また、パンくずリストから他のページに移動することもできます。
  • SEOを向上させる:パンくずリストは検索エンジンにサイトの構造を伝えることができます。また、パンくずリストに含まれるキーワードやリンクも検索エンジンに評価されます。

目次

目次とは、Webページの内容を見出しや段落ごとにリスト化して表示したもので、ユーザーがコンテンツの全体像や目的の箇所に移動できるようにする。例えば、この記事では### パンくずリスト・目次・ページネーションとは### パンくずリスト・目次・ページネーションの設定方法などが目次になる。目次には、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザビリティを向上させる:ユーザーがコンテンツの概要や関連性を把握しやすくなり、興味やニーズに合った箇所に移動できます。また、目次から他のページに移動することもできます。
  • SEOを向上させる:目次は検索エンジンにコンテンツの内容や重要度を伝えることができます。また、目次に含まれるキーワードやリンクも検索エンジンに評価されます。

ページネーション

ページネーションとは、Webページの内容を複数のページに分割して表示したもので、ユーザーが前後や任意のページに移動できるようにする。例えば、ブログ記事や商品一覧などでよく見られる。ページネーションには、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザビリティを向上させる:ユーザーがコンテンツを小分けにして見やすくなり、興味やニーズに合ったページに移動できます。
  • SEOを向上させる:ページネーションは検索エンジンにコンテンツの分類や関連性を伝えることができます。また、ページネーションに含まれるリンクも検索エンジンに評価されます。

内部リンク構築

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★☆★★★☆☆★★★★☆

内部リンクとは?

内部リンクとは、同じサイト内のページ同士をリンクでつなぐことです。

例えば下の「続きを読む」から、詳細ページにリンクを貼ることが内部リンクです。

内部リンクは、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても重要な役割を果たします。端的に言えば、内部リンクが多く貼られたページは、それだけ重要とみなされます。

Googleサーチコンソール登録

SEO影響度導入し易さ優先度
★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★★★

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供する無料のWeb解析ツールです。

自社サイトを登録しておくことで、検索エンジンからのトラフィックや掲載順位、サイト内に発生している問題などを確認できます。

SEO対策を行うには必須のツールです。

sitemap.xml、rssフィードの登録

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆

sitemap.xmlとは?

sitemap.xmlとは、サイト内のページやファイルの情報を検索エンジンに伝えるためのファイルです。検索エンジンは、このファイルを読み込んで、サイトの構造や更新状況を把握します。

sitemap.xmlを作成することで、検索エンジンにサイトの全体像を正確に伝えることができます。また、新しいページや更新したページを検索エンジンに知らせることができます。

rssフィードとは?

rssフィードとは、サイトの最新情報を配信するためのファイルです 。

rssフィードを作成することで、ユーザーや検索エンジンにサイトの最新情報を伝えることができます。

また、ユーザーはrssリーダーなどのツールを使って、サイトの更新をチェックできます。

構造化データ・リッチリザルト対応

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★☆★★☆☆☆★★★★☆

構造化データとは?

構造化データとは、あなたのサイトの内容をGoogleなどの検索エンジンに正しく伝えるための方法です。

例えば、あなたのサイトがヨガのレッスンを紹介しているとしたら、そのレッスンの日時や場所や料金などを構造化データとしてマークすることで、検索エンジンはそれらの情報を理解できます。

リッチリザルトとは?

リッチリザルトとは、構造化データを使って検索結果により多くの情報を表示することです。

例えば、あなたのサイトがヨガのレッスンを紹介しているとしたら、検索結果にレッスンの写真や星の評価などを表示することができます。

リッチリザルトは、ユーザーにとって魅力的で、クリックされやすくなります。

被リンク施策超重要

SEO影響度導入し易さ優先度
★★★★★★☆☆☆☆★★★★☆

被リンクとは?

被リンクとは、他のサイトから自分のサイトへのリンクのことです。

例えば、このページが「[Google Search Console]」や「[schema.org]」などの関連するサイトに紹介されているとしたら、それらのリンクがこのサイトにとっての被リンクです。

被リンクは、検索エンジンにとっても重要な指標です。

まとめ

以上が、このページのまとめです。このページでは、SEOに必要な施策を一覧で紹介しました。

これらの施策を実践することで、あなたのサイトは検索エンジンに評価され、上位に表示される可能性が高まります。

SEOは常に変化するものですので、最新の情報や動向にも注意してください。

お問い合わせ

    目次